ローンを選ぶ基準

現在、ローンの金利は過去最低水準にあり、日銀の金融緩和の影響により景気が回復しつつある中、金融商品はフラット35に代表する「完全固定金利」「変動金利」「半固定金利」の三商品に大きく分けられるが、変動金利は変動ルール(5年間返済額は変化しないし、5年後の返済額は全期間の返済額の1.25倍を超えないと言う決まり事)や1年間、3年間、5年間、10年間、20年間や30年間の決められた期間を固定する商品で金利に変化があるであろう一定期間を金利上昇から守るのに適した商品でもあり、オリンピックが行われる日本においては、変動金利から半固定金利に変更しておくのも大事なリスク回避と言えます。但し、半期低金利はその期間が満了する時は、変動ルールは無いので、その時の店頭金利を基準に金利が決まります。また、完全固定金利はリスクと言う意味では安全ですが、金利自体が変動金利より高いことも事実である。その時その時の状況とローンを組む年齢、年収、家族構成等を考慮して組む必要があります。