不動産投資経営とは

不動産の中には賃貸に貸すことを目的に建築されたマンションやアパートがあります、1室の賃貸から10室・・20室と規模は違うのですが、1室のワンルームマンションを募集して貸すことにより賃料を得ることができます。

例えば、1ヶ月の収入が5万円とします。収入から1年間に掛かる固都税と月々の管理費や修繕積立金の合計で1万円を引いた金額が手取りとします。仮に平均4万円の手取りのお金は年間で48万円の収入になります。

収入48万円が20年間賃貸したら、960万円=約1000万円の収入を確保できます。

当然ルームクリーニングやある時はリフォームが掛かる時もありますが、そういう諸々の費用や固都税・管理費等々の掛かったお金や購入したマンションの建物の減価償却やローンで借りたら金利分も経費として計上できます。

不動産所得と言われる所得で申告を行いますが(詳しくは資産税を扱われている税理士に相談されることをお勧めいたします)、この時に、購入したマンション収入の他の収入(例えば、源泉徴収=給与所得)があったりしますと、他の収入と不動産所得を加えることができます。頭金を頑張って貯めて、残りをローンで購入して、賃料で返済しておいて、年金を受け取る時期に来たら純粋に年金プラス家賃収入として生活の基盤にする・・・つまり不動産投資(経営=運用)ですから、不動産に資金を投下し、上手く賃料収入を得て、ご自身の生活の糧にすると言うことであって、古に時代に会ったように、不動産を値上がりすることを目的に購入し、上がったら売ると言う無計画な方法を不動産投資と思われている方もまだまだ多いのも事実です、

また、10年間賃貸に出して、10年後に売ると言う考えで計画的に進めるという考え方もあり、自己防衛=経営戦略と言えます。この場合は10年後にいくらで売れるかもきちんと計画していきます。